新郎新婦より目立ってはいけない

結婚披露宴に招待されたら、新郎新婦を引き立てる装いをすることが絶対です。
異性の気を惹こうと気合を入れて着飾る人がたまにいますが、マナー違反になります。
女性の場合は、肌の露出を控えめにすることと、白い衣装は着ないことを守ることです。
最近は、洋装で出席するのが普通になっています。
洋装と一口に言っても、主賓と一般招待客とでは着るべきものが変わると言うことを分かっておきましょう。
主賓は一般の招待客より改まった感じにすることが大事です。
一般的な披露宴なら、アフタヌーンドレスかセミアフタヌーンドレスが基本とされています。
両家に失礼のない品のある装いを心がけつつ、会場の格に合わせて選ぶようにしましょう。
また、洋装は時間帯によって装いを変えるの正式です。
しかし、一般的な挙式や披露宴では、あまり神経質になる必要はありません。
時間帯で着るものを気にするよりも、着てはいけないものを知っておくことの方が大切です。